響が小さくなりまして

ぐだぐだ鎮守府日記1